So-net無料ブログ作成

2016年 住みたい街ランキング 1位【吉祥寺】がまさかの交代という 波乱が起きた!



◆ 2016年 住みたい街ランキングで

5年連続 1位だった

【吉祥寺】がまさかの交代という

波乱が起きた!







今回も関東(東京都、神奈川県、

埼玉県、千葉県、茨城県)に

居住している





20歳〜49歳までの人を

対象に実施されました。






◆ 1位に輝いたのは、

昨年まで3年連続 2位の

【恵比寿】が1位になりました。





恵比寿は、話題となる有名店が

数多く出店しており、

メディアの露出も多いです。





今年の春には

『アトレ恵比寿の新館』となる

【アトレ恵比寿西館】が


オープン予定で、立ち寄るのが

楽しくなりそうですね。






利便性と街の成熟度が加わって、

人気が高いということですね。







◆今回のランキングでは、

大きく躍進した街が多い事に

注目してほしい。





代表として

自由が丘、武蔵小杉、東京、

二子玉川などが

あげられます。






男女別で街の評価が分かれて、

男性は、利便性や資産価値を

重視するようです。




女性は、

治安の良い適度のオシャレな街を

重視するようです。






今年は

その傾向が強く

現われたようです。





◆まず、『自由が丘』ですが

昨年の12位から今年の4位と

大きく順位を上げました。




話題の店が次々と

オープンしたこともあって、




女性の評価が大きく高まった事が

ランキングを押し上げる

大きな要因となったようです。






昨年の17位から9位になった

【東京】は、

丸の内と八重洲の駅の

両サイドの整備が進んで

街のイメージが大きく

向上しているようです。



こちらは、

男性の評価が大きく高まった事が

ランキングを押し上げる

大きな要因になったようです。







5年連続で順位を上げた、

4位の【武蔵小杉】や




昨年15位から10位に躍進した

【二子玉川】は、



オシャレな街として

成熟度を高めています。




特に、武蔵小杉は

【グランツー武蔵小杉】や、


二子玉川は、

【二子玉川ライズ】といった


オシャレな複合設備があり



ファミリー層から

強い支持が

ランキングを押し上げる

要因になったようです。



◆ 2016 住みたい街ランキング

・ 1位 恵比寿
・ 2位 吉祥寺
・ 3位 横浜
・ 4位 武蔵小杉
・ 4位 自由が丘
・ 6位 目黒
・ 7位 池袋
・ 8位 新宿
・ 9位 東京
・ 10位 二子玉川


となりました。
































スポンサーリンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。